粉引花絵カップ藤
島根県浜田市の石州亀山焼の陶芸作品の紹介と日常についてのブログ。
ロクロについて
0


    ロクロとかいずれはページを書きたいと思っていましたが、すでに発表されてるかたもたくさんいるので見てたら こういうページ を発見!
    美濃焼のロクロをつかった説明ですがよくできているので勉強になります。
    少しずつ違うところもありますが、基本的には同じですから、、、。
    動画もあるのでいかがですか?
    2次利用は著作権に気をつけてくださいね。

    出典 IPA「教育用画像素材集サイト」 http://www2.edu.ipa.go.jp/gz/



    陶芸(とうげい)とは、粘土に造形を凝らしてこれを高温の窯で焼成することにより陶磁器をつくる技術のこと。焼きもの、やきものとも呼ばれる。造形方法には轆轤(ろくろ)の上に置き、手や足で回しながら、両手で皿や壷などの形をつくっていく方法や手びねりという方法、或いは石膏型を用いて土の形を整える方法(鋳込み、手押し)などがある。焼き方には、窯を用いない「野焼き」や、七輪を用いる「七輪陶芸」などという手法もある。一般には陶芸用の窯を用い焼成する。電気窯、ガス窯、灯油窯、登り窯、穴窯などのまき窯などがある。陶芸用粘土の種類やこね方、陶芸釉薬、そして焼く温度など、様々な要素が作品に貢献する。陶芸の技法は、焼き締めと釉薬もの、上絵付けと下絵付け、釉彩、化粧土を使った粉引陶芸等さまざまな種類がある。





    日本の主な陶芸品の産地



    陶芸 平清水焼(山形県)

    陶芸 相馬焼(福島県)

    陶芸 会津本郷焼(福島県)

    陶芸 益子焼(栃木県)人間国宝の濱田庄司による民芸運動により有名となった。

    陶芸 笠間焼(茨城県)

    陶芸 美濃焼(岐阜県)志野、織部、黄瀬戸、瀬戸黒の4種が代表的である。

    陶芸 瀬戸焼(愛知県)日本六古窯の一つ。日用の陶器の代名詞である「セトモノ」の語源となった。日本六古窯の一つ。

    陶芸 常滑焼(愛知県)日本六古窯の一つ。

    陶芸 萬古焼(三重県)

    陶芸 伊賀焼(三重県)

    陶芸 九谷焼(石川県)

    陶芸 信楽焼(滋賀県)日本六古窯の一つ。

    陶芸 越前焼(福井県)日本六古窯の一つ。

    陶芸 出石焼(兵庫県)

    陶芸 丹波焼(兵庫県)日本六古窯の一つ。

    陶芸 京焼(京都府)

    陶芸 楽焼(京都府)

    陶芸 交趾焼(こうちやき)(京都府)

    陶芸 赤膚焼(奈良県)

    陶芸 備前焼(岡山県)日本六古窯の一つ。

    陶芸 大谷焼(徳島県)

    陶芸 砥部焼(愛媛県)

    陶芸 布志名焼、石見焼、温泉津焼、石州亀山焼(島根県)

    陶芸 萩焼(山口県)

    山口県内で採れる大道土(だいどうつち)を使用し、比較的低温で焼成される焼き物で、肌色から薄茶色の肌あいに、貫入(かんにゅう)と呼ばれるひび割れが入るのが特徴。使用を重ねると、そのひび割れに茶渋が染込み肌あいが変わり、その変化は「萩の七化け」として茶人などに尊ばれる。

    陶芸 上野焼(福岡県)

    陶芸 小鹿田焼(大分県)

    陶芸 唐津焼(佐賀県)

    陶芸 有田焼(佐賀県)

    陶芸 波佐見焼(長崎県)

    陶芸 三川内焼(長崎県)

    陶芸 薩摩焼(鹿児島県)

    陶芸 壺屋焼(沖縄県)

    陶芸 陶鎌倉焼(神奈川県)





    世界の主な陶芸



    陶芸 唐三彩(中国)

    陶芸 景徳鎮(中国)

    陶芸 マジョリカ焼(イタリア) 陶器

    陶芸 デルフト焼(オランダ) 陶器

    陶芸 ラスター焼(スペイン) 陶器

    陶芸 マイセン焼(ドイツ) 磁器

    陶芸* セーヴル焼(フランス) 磁器

    陶芸 リモージュ焼(フランス) 磁器







    陶芸関係の公募展



    陶芸 茶の湯の造型展

    陶芸 出石磁器トリエンナーレ

    陶芸 ファエンツア国際陶芸ビエンナーレ

    陶芸 日本陶芸

    陶芸 朝日陶芸

    陶芸 日本伝統工芸展



    (引用 Wikipedia   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B6%E8%8A%B8
     )

    ご注意 修正や変更を加えている部分があります







    この記事が参考になったら1クリックお願い致します!

    にほんブログ村 美術ブログへ


    陶芸用語辞典 / comments(0) / trackbacks(0)
    わら灰を作る
    0


      わら灰を作るには、まず大量のわらを集めなければなりません。
      たくさんの農家をまわって少しずつもらってくるのがいいのですね。


            SiO2 Al2O3 Fe2O3 TiO2 CaO MgO K2O Na2 O Ig.loss

      天然わら灰 50.94 0.51 0.52 - 2.30 0.29 1.99 0.61 42.60


      わらの成分は、SiO2つまり珪石keiseki分なんです。つまり、ガラスのもとになる成分で とても堅い ということです。
      備前焼のヒダスキは、このわらを巻きつけてつくりだすものです。
      昔登り窯でたくさん焼かなくてはならないのに、直接かさねて焼くとくっついてしまうのでわらを巻いて焼いたところくっつかず しかもおもしろい模様まででたので、こういう焼きができてきたという話でした。

      実際に、わらを焼くには広い場所が必要です。
      焼き始めるとわかりますが、たくさん焼くと中のほうは黒く、外側は白くなり灰として空へたちのぼっていこうとします。
      黒いままでは、焼けてないのでだめだし、焼きすぎると全部空へ行ってしまいます。
      ので、白く焼ききってしまうまえに 少しづつわきへとりわけてやります。
      そして、黒い部分をしっかり燃やしてやって灰にします。

      わら灰もいろいろ使えるし、買うと非常に高価なものです。
      できるなら、一度作ってみてはいかがですか?


      わら自体は非常に柔らかくて、火をつけるとすぐ燃えてしまうのに その燃えカスの灰は 恐ろしく堅くてなかなかとけませんよ。
      すでに陶芸をされている方は、わらをまきつけて焼いてみてください。
      OFで結構です。




      陶芸(とうげい)とは、粘土に造形を凝らしてこれを高温の窯で焼成することにより陶磁器をつくる技術のこと。焼きもの、やきものとも呼ばれる。造形方法には轆轤(ろくろ)の上に置き、手や足で回しながら、両手で皿や壷などの形をつくっていく方法や手びねりという方法、或いは石膏型を用いて土の形を整える方法(鋳込み、手押し)などがある。焼き方には、窯を用いない「野焼き」や、七輪を用いる「七輪陶芸」などという手法もある。一般には陶芸用の窯を用い焼成する。電気窯、ガス窯、灯油窯、登り窯、穴窯などのまき窯などがある。陶芸用粘土の種類やこね方、陶芸釉薬、そして焼く温度など、様々な要素が作品に貢献する。陶芸の技法は、焼き締めと釉薬もの、上絵付けと下絵付け、釉彩、化粧土を使った粉引陶芸等さまざまな種類がある。





      日本の主な陶芸品の産地



      陶芸 平清水焼(山形県)

      陶芸 相馬焼(福島県)

      陶芸 会津本郷焼(福島県)

      陶芸 益子焼(栃木県)人間国宝の濱田庄司による民芸運動により有名となった。

      陶芸 笠間焼(茨城県)

      陶芸 美濃焼(岐阜県)志野、織部、黄瀬戸、瀬戸黒の4種が代表的である。

      陶芸 瀬戸焼(愛知県)日本六古窯の一つ。日用の陶器の代名詞である「セトモノ」の語源となった。日本六古窯の一つ。

      陶芸 常滑焼(愛知県)日本六古窯の一つ。

      陶芸 萬古焼(三重県)

      陶芸 伊賀焼(三重県)

      陶芸 九谷焼(石川県)

      陶芸 信楽焼(滋賀県)日本六古窯の一つ。

      陶芸 越前焼(福井県)日本六古窯の一つ。

      陶芸 出石焼(兵庫県)

      陶芸 丹波焼(兵庫県)日本六古窯の一つ。

      陶芸 京焼(京都府)

      陶芸 楽焼(京都府)

      陶芸 交趾焼(こうちやき)(京都府)

      陶芸 赤膚焼(奈良県)

      陶芸 備前焼(岡山県)日本六古窯の一つ。

      陶芸 大谷焼(徳島県)

      陶芸 砥部焼(愛媛県)

      陶芸 布志名焼、石見焼、温泉津焼、石州亀山焼(島根県)

      陶芸 萩焼(山口県)

      山口県内で採れる大道土(だいどうつち)を使用し、比較的低温で焼成される焼き物で、肌色から薄茶色の肌あいに、貫入(かんにゅう)と呼ばれるひび割れが入るのが特徴。使用を重ねると、そのひび割れに茶渋が染込み肌あいが変わり、その変化は「萩の七化け」として茶人などに尊ばれる。

      陶芸 上野焼(福岡県)

      陶芸 小鹿田焼(大分県)

      陶芸 唐津焼(佐賀県)

      陶芸 有田焼(佐賀県)

      陶芸 波佐見焼(長崎県)

      陶芸 三川内焼(長崎県)

      陶芸 薩摩焼(鹿児島県)

      陶芸 壺屋焼(沖縄県)

      陶芸 陶鎌倉焼(神奈川県)





      世界の主な陶芸



      陶芸 唐三彩(中国)

      陶芸 景徳鎮(中国)

      陶芸 マジョリカ焼(イタリア) 陶器

      陶芸 デルフト焼(オランダ) 陶器

      陶芸 ラスター焼(スペイン) 陶器

      陶芸 マイセン焼(ドイツ) 磁器

      陶芸* セーヴル焼(フランス) 磁器

      陶芸 リモージュ焼(フランス) 磁器







      陶芸関係の公募展



      陶芸 茶の湯の造型展

      陶芸 出石磁器トリエンナーレ

      陶芸 ファエンツア国際陶芸ビエンナーレ

      陶芸 日本陶芸

      陶芸 朝日陶芸

      陶芸 日本伝統工芸展



      (引用 Wikipedia   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B6%E8%8A%B8
       )

      ご注意 修正や変更を加えている部分があります






      この記事が参考になったら1クリックお願い致します!

      にほんブログ村 美術ブログへ


      陶芸用語辞典 / comments(2) / trackbacks(0)
      木灰を作る 追記
      0


        灰を作るといっても、煙や匂いが出て近所に迷惑だからできないよと言われる方も多いですよね 陶芸材料店から買ったほうが早いのでそういう方はあきらめたほうがいいかもしれません。

        でもできるかたはがんばってみてください。
        灰というものは、厳密に言うと木のどの部分を燃やしたかで若干成分が異なります。葉っぱ胴体部分ですがさらに言うと 北側南側でも違ってきます。なるべくそろえるのがベターです。聞き耳を立てる

        例えば、松や杉などのように大きく成長するような木は胴体部分だけを単成分の灰として使い、葉や枝の部分の灰は土灰として使うという手もあります。

        あまり量が調達できない場合は、雑木でも灰はとれます。
        そのかわり成分は一定ではないので、土灰として使うことになりますが、、、、。結構そのほうが現実的で 量もたくさん集まる場合があります。製材所森林組合新しい道路の建設予定地などではいらない木が出ることがありますので 要チェックの場所です!またりんごやみかんの栽培農家では老木になった木の入れ替えをするのに、こういう木を伐採しますので、御願いにあがるという手もあります。

        ただ、製材所の木は柱以外のハギレなどはゴミとして焼却処分されますが外材を使っていることが多くその場合は 長らく海に浮いていたことが予想されます。(そのハギレ部分をもらってきて焼きます。トンいくらで売るところもありますが、ただでくれるところもあるかもしれません。)
        そのため木の中にも若干塩分が混じっていることを念頭においておいたほうがよろしいかもしれません。(普通塩分はバッド)
        以前使ったことがありますが、気にするほどバッドな状態にはならなかったと思います。

        山をお持ちの方は、がはえて困るんだよなーといわれる方もあるかもしれません。毎年切ってやらないとどんどん増えて困る竹ですが、土灰として適当に混ぜてやって使えば大丈夫です。

        余談ですがイス灰という灰があります。(別名ひょんの木と言われています。)
        SiO2 Al2O3 Fe2O3 TiO2 CaO MgO K2O Na2OIg.loss

        33.11 5.09 0.36 - 47.32 5.11 2.21 0.03 13.18

        成分は、上のようになっています。特にカルシウム分が多く含まれ 鉄分が非常に少ないのです。いかんせんイスの木自体の生息地が限られており、木も少なく つまり出回る灰が少ないので非常に貴重で高価ものになっています。この灰だけは、買わないと使うことができません。うちでは青釉に使っています。

        香炉


        参考
        透明釉の作り方


        この記事が参考になったら1クリックお願い致します!

        にほんブログ村 美術ブログへ


        陶芸用語辞典 / comments(0) / trackbacks(0)
        木灰 きばい もくばい を作る
        0


          (単種の)木灰をつくるには、

          1同じ種類の木をたくさん集める----自分の山の木を切るまたはもらう

          2ひろいところで燃やして、灰を集める---暑くてたいへん!(火事に注意!)

          3数十キロ燃やして、ひとすくいぐらしか灰はとれませんので 薪ストーブで
          ちびちび暖をとりながら灰をつくることをお薦めします。鉄分が入るからと敬遠される方もおられますが、20年以上こういうことをやってますが、実用上は全然大丈夫です。

          4集めた灰は、すぐには使えません。
          ポリ容器などの大きな入れ物に入れて水をたくさん入れて、1週間ほど放置します。ざるでもいいので、一度大きなごみをすくってとっておきます。
          すると、表面にヌルっとしたアクが浮いてきますので 1日数回水を入れ替えてやります。皮膚の弱い方は、かぶれますのでゴム手袋をして作業しましょう。

          5アクがなくなれば、水簸(すいひ)をします。
          別の容器とふるい(とおし)を用意し、20、60、80から100メッシュぐらいのもので20メッシュから順番にとおしていきます。
          灰の入っている容器に水をたくさん入れ、よく攪拌します。
          1分ほど待って、うわ水をひしゃくでくんで 別の容器にかざしたふるいの上に入れて移します。
          灰があるだけこの作業を繰り返します。
          これを水簸(すいひ)と言います。
          60,80メッシュと続いて作業します。根気のいる作業ですので、あせらずにやりましょう。

          複数の木の灰が混じっているものは、土灰(どばい)と言います。土を焼いた灰では、ありませんので御注意ください。陶芸材料店でも、単成分の木灰や土灰も売っていますが 必ず水簸して使いましょう!ごみがたくさん入ってます。

          (注意)
          ふるいの中に残った荒い灰は捨てないでとっておきます。
          これはこれで使えますので、、、、。



          この記事が参考になったら1クリックお願い致します!

          にほんブログ村 美術ブログへ


          JUGEMテーマ:アート・デザイン


          陶芸用語辞典 / comments(0) / trackbacks(0)
          伊羅保釉 いらぼゆう いらほゆう
          0


            長石と木灰で作っただけのシンプルな釉薬ですが、表面のイライラ感が作品に落ち着きを与えています。
            googleで 『伊羅保』で検索すると当窯の菓子鉢が1番にでてきて驚いたのですがこんな感じの焼きになります。焼くと玉のように寄っていくので《玉伊羅保たまいらぼ》と言っています。

            伊羅保釉には、このように黄色っぽいものや青や緑っぽいものもあり、豊かな表情を見せることができます。

            参考
            市販釉薬の焼き上がりの釉調など

            抹茶茶碗の種類と見どころ





            陶芸(とうげい)とは、粘土に造形を凝らしてこれを高温の窯で焼成することにより陶磁器をつくる技術のこと。焼きもの、やきものとも呼ばれる。造形方法には轆轤(ろくろ)の上に置き、手や足で回しながら、両手で皿や壷などの形をつくっていく方法や手びねりという方法、或いは石膏型を用いて土の形を整える方法(鋳込み、手押し)などがある。焼き方には、窯を用いない「野焼き」や、七輪を用いる「七輪陶芸」などという手法もある。一般には陶芸用の窯を用い焼成する。電気窯、ガス窯、灯油窯、登り窯、穴窯などのまき窯などがある。陶芸用粘土の種類やこね方、陶芸釉薬、そして焼く温度など、様々な要素が作品に貢献する。陶芸の技法は、焼き締めと釉薬もの、上絵付けと下絵付け、釉彩、化粧土を使った粉引陶芸等さまざまな種類がある。





            日本の主な陶芸品の産地



            陶芸 平清水焼(山形県)

            陶芸 相馬焼(福島県)

            陶芸 会津本郷焼(福島県)

            陶芸 益子焼(栃木県)人間国宝の濱田庄司による民芸運動により有名となった。

            陶芸 笠間焼(茨城県)

            陶芸 美濃焼(岐阜県)志野、織部、黄瀬戸、瀬戸黒の4種が代表的である。

            陶芸 瀬戸焼(愛知県)日本六古窯の一つ。日用の陶器の代名詞である「セトモノ」の語源となった。日本六古窯の一つ。

            陶芸 常滑焼(愛知県)日本六古窯の一つ。

            陶芸 萬古焼(三重県)

            陶芸 伊賀焼(三重県)

            陶芸 九谷焼(石川県)

            陶芸 信楽焼(滋賀県)日本六古窯の一つ。

            陶芸 越前焼(福井県)日本六古窯の一つ。

            陶芸 出石焼(兵庫県)

            陶芸 丹波焼(兵庫県)日本六古窯の一つ。

            陶芸 京焼(京都府)

            陶芸 楽焼(京都府)

            陶芸 交趾焼(こうちやき)(京都府)

            陶芸 赤膚焼(奈良県)

            陶芸 備前焼(岡山県)日本六古窯の一つ。

            陶芸 大谷焼(徳島県)

            陶芸 砥部焼(愛媛県)

            陶芸 布志名焼、石見焼、温泉津焼、石州亀山焼(島根県)

            陶芸 萩焼(山口県)

            山口県内で採れる大道土(だいどうつち)を使用し、比較的低温で焼成される焼き物で、肌色から薄茶色の肌あいに、貫入(かんにゅう)と呼ばれるひび割れが入るのが特徴。使用を重ねると、そのひび割れに茶渋が染込み肌あいが変わり、その変化は「萩の七化け」として茶人などに尊ばれる。

            陶芸 上野焼(福岡県)

            陶芸 小鹿田焼(大分県)

            陶芸 唐津焼(佐賀県)

            陶芸 有田焼(佐賀県)

            陶芸 波佐見焼(長崎県)

            陶芸 三川内焼(長崎県)

            陶芸 薩摩焼(鹿児島県)

            陶芸 壺屋焼(沖縄県)

            陶芸 陶鎌倉焼(神奈川県)





            世界の主な陶芸



            陶芸 唐三彩(中国)

            陶芸 景徳鎮(中国)

            陶芸 マジョリカ焼(イタリア) 陶器

            陶芸 デルフト焼(オランダ) 陶器

            陶芸 ラスター焼(スペイン) 陶器

            陶芸 マイセン焼(ドイツ) 磁器

            陶芸* セーヴル焼(フランス) 磁器

            陶芸 リモージュ焼(フランス) 磁器







            陶芸関係の公募展



            陶芸 茶の湯の造型展

            陶芸 出石磁器トリエンナーレ

            陶芸 ファエンツア国際陶芸ビエンナーレ

            陶芸 日本陶芸

            陶芸 朝日陶芸

            陶芸 日本伝統工芸展



            (引用 Wikipedia   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B6%E8%8A%B8
             )

            ご注意 修正や変更を加えている部分があります






            この記事が参考になったら1クリックお願い致します!

            にほんブログ村 美術ブログへ


            陶芸用語辞典 / comments(0) / trackbacks(0)
            鉄釉編---天目釉 てんもくゆう
            0


              鉄釉の中でも、一番難しいのが天目釉です。
              現在では科学的に研究され、その再現過程までも復元されたようですが
              そのはじめは中国の天目山で焼かれたものでした。鎌倉時代(1185〜1331)、中国・天目山の寺々に修行に入った日本人留学僧達が 帰国の際土産として持ち帰ったものがそう呼ばれるようになったようです。
              油滴天目(ゆてき)、禾目天目(のぎめ)、木の葉天目、建盞(けんさん)、灰被り(はいかぶり)、黄天目、烏盞(うさん)、玳玻盞(たいひさん)などがあります。

              画像はこちら。 

              国宝油滴天目茶碗

              稲葉天目茶碗

              禾目天目茶碗

              天目茶碗は、日本では3点が国宝に指定されています 




              陶芸(とうげい)とは、粘土に造形を凝らしてこれを高温の窯で焼成することにより陶磁器をつくる技術のこと。焼きもの、やきものとも呼ばれる。造形方法には轆轤(ろくろ)の上に置き、手や足で回しながら、両手で皿や壷などの形をつくっていく方法や手びねりという方法、或いは石膏型を用いて土の形を整える方法(鋳込み、手押し)などがある。焼き方には、窯を用いない「野焼き」や、七輪を用いる「七輪陶芸」などという手法もある。一般には陶芸用の窯を用い焼成する。電気窯、ガス窯、灯油窯、登り窯、穴窯などのまき窯などがある。陶芸用粘土の種類やこね方、陶芸釉薬、そして焼く温度など、様々な要素が作品に貢献する。陶芸の技法は、焼き締めと釉薬もの、上絵付けと下絵付け、釉彩、化粧土を使った粉引陶芸等さまざまな種類がある。





              日本の主な陶芸品の産地



              陶芸 平清水焼(山形県)

              陶芸 相馬焼(福島県)

              陶芸 会津本郷焼(福島県)

              陶芸 益子焼(栃木県)人間国宝の濱田庄司による民芸運動により有名となった。

              陶芸 笠間焼(茨城県)

              陶芸 美濃焼(岐阜県)志野、織部、黄瀬戸、瀬戸黒の4種が代表的である。

              陶芸 瀬戸焼(愛知県)日本六古窯の一つ。日用の陶器の代名詞である「セトモノ」の語源となった。日本六古窯の一つ。

              陶芸 常滑焼(愛知県)日本六古窯の一つ。

              陶芸 萬古焼(三重県)

              陶芸 伊賀焼(三重県)

              陶芸 九谷焼(石川県)

              陶芸 信楽焼(滋賀県)日本六古窯の一つ。

              陶芸 越前焼(福井県)日本六古窯の一つ。

              陶芸 出石焼(兵庫県)

              陶芸 丹波焼(兵庫県)日本六古窯の一つ。

              陶芸 京焼(京都府)

              陶芸 楽焼(京都府)

              陶芸 交趾焼(こうちやき)(京都府)

              陶芸 赤膚焼(奈良県)

              陶芸 備前焼(岡山県)日本六古窯の一つ。

              陶芸 大谷焼(徳島県)

              陶芸 砥部焼(愛媛県)

              陶芸 布志名焼、石見焼、温泉津焼、石州亀山焼(島根県)

              陶芸 萩焼(山口県)

              山口県内で採れる大道土(だいどうつち)を使用し、比較的低温で焼成される焼き物で、肌色から薄茶色の肌あいに、貫入(かんにゅう)と呼ばれるひび割れが入るのが特徴。使用を重ねると、そのひび割れに茶渋が染込み肌あいが変わり、その変化は「萩の七化け」として茶人などに尊ばれる。

              陶芸 上野焼(福岡県)

              陶芸 小鹿田焼(大分県)

              陶芸 唐津焼(佐賀県)

              陶芸 有田焼(佐賀県)

              陶芸 波佐見焼(長崎県)

              陶芸 三川内焼(長崎県)

              陶芸 薩摩焼(鹿児島県)

              陶芸 壺屋焼(沖縄県)

              陶芸 陶鎌倉焼(神奈川県)





              世界の主な陶芸



              陶芸 唐三彩(中国)

              陶芸 景徳鎮(中国)

              陶芸 マジョリカ焼(イタリア) 陶器

              陶芸 デルフト焼(オランダ) 陶器

              陶芸 ラスター焼(スペイン) 陶器

              陶芸 マイセン焼(ドイツ) 磁器

              陶芸* セーヴル焼(フランス) 磁器

              陶芸 リモージュ焼(フランス) 磁器







              陶芸関係の公募展



              陶芸 茶の湯の造型展

              陶芸 出石磁器トリエンナーレ

              陶芸 ファエンツア国際陶芸ビエンナーレ

              陶芸 日本陶芸

              陶芸 朝日陶芸

              陶芸 日本伝統工芸展



              (引用 Wikipedia   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B6%E8%8A%B8
               )

              ご注意 修正や変更を加えている部分があります






              この記事が参考になったら1クリックお願い致します!

              にほんブログ村 美術ブログへ




              JUGEMテーマ:アート・デザイン


              陶芸用語辞典 / comments(0) / trackbacks(0)
              鉄釉編---黄瀬戸 きぜと きせと
              0


                桃山時代に、 美濃で焼かれた黄色い焼き物のことです。
                岐阜県セラミックス技術研究所というところで、黄瀬戸釉を使った製品の開発研究が行われた際のレポートがあります。
                私が瀬戸で教えていただいた森田先生は、黄瀬戸のうまい方で作品を見せていただくたびに感心したものでした。黄瀬戸の特徴は、黄色いだけでなく器面のざらつき感や彫り付けた絵の上にタンパンと呼ばれる銅を溶いたものを塗って緑色に着色したところにあります。
                鮮やかな黄色と緑の対比により作品はとてもきれいなものとなります。

                各務賢周氏 黄瀬戸ぐいのみ
                16世紀の黄瀬戸

                18世紀の黄瀬戸
                詳しい解説と作品はこちらへ

                黄瀬戸花文輪花鉢rinkabati





                陶芸(とうげい)とは、粘土に造形を凝らしてこれを高温の窯で焼成することにより陶磁器をつくる技術のこと。焼きもの、やきものとも呼ばれる。造形方法には轆轤(ろくろ)の上に置き、手や足で回しながら、両手で皿や壷などの形をつくっていく方法や手びねりという方法、或いは石膏型を用いて土の形を整える方法(鋳込み、手押し)などがある。焼き方には、窯を用いない「野焼き」や、七輪を用いる「七輪陶芸」などという手法もある。一般には陶芸用の窯を用い焼成する。電気窯、ガス窯、灯油窯、登り窯、穴窯などのまき窯などがある。陶芸用粘土の種類やこね方、陶芸釉薬、そして焼く温度など、様々な要素が作品に貢献する。陶芸の技法は、焼き締めと釉薬もの、上絵付けと下絵付け、釉彩、化粧土を使った粉引陶芸等さまざまな種類がある。





                日本の主な陶芸品の産地



                陶芸 平清水焼(山形県)

                陶芸 相馬焼(福島県)

                陶芸 会津本郷焼(福島県)

                陶芸 益子焼(栃木県)人間国宝の濱田庄司による民芸運動により有名となった。

                陶芸 笠間焼(茨城県)

                陶芸 美濃焼(岐阜県)志野、織部、黄瀬戸、瀬戸黒の4種が代表的である。

                陶芸 瀬戸焼(愛知県)日本六古窯の一つ。日用の陶器の代名詞である「セトモノ」の語源となった。日本六古窯の一つ。

                陶芸 常滑焼(愛知県)日本六古窯の一つ。

                陶芸 萬古焼(三重県)

                陶芸 伊賀焼(三重県)

                陶芸 九谷焼(石川県)

                陶芸 信楽焼(滋賀県)日本六古窯の一つ。

                陶芸 越前焼(福井県)日本六古窯の一つ。

                陶芸 出石焼(兵庫県)

                陶芸 丹波焼(兵庫県)日本六古窯の一つ。

                陶芸 京焼(京都府)

                陶芸 楽焼(京都府)

                陶芸 交趾焼(こうちやき)(京都府)

                陶芸 赤膚焼(奈良県)

                陶芸 備前焼(岡山県)日本六古窯の一つ。

                陶芸 大谷焼(徳島県)

                陶芸 砥部焼(愛媛県)

                陶芸 布志名焼、石見焼、温泉津焼、石州亀山焼(島根県)

                陶芸 萩焼(山口県)

                山口県内で採れる大道土(だいどうつち)を使用し、比較的低温で焼成される焼き物で、肌色から薄茶色の肌あいに、貫入(かんにゅう)と呼ばれるひび割れが入るのが特徴。使用を重ねると、そのひび割れに茶渋が染込み肌あいが変わり、その変化は「萩の七化け」として茶人などに尊ばれる。

                陶芸 上野焼(福岡県)

                陶芸 小鹿田焼(大分県)

                陶芸 唐津焼(佐賀県)

                陶芸 有田焼(佐賀県)

                陶芸 波佐見焼(長崎県)

                陶芸 三川内焼(長崎県)

                陶芸 薩摩焼(鹿児島県)

                陶芸 壺屋焼(沖縄県)

                陶芸 陶鎌倉焼(神奈川県)





                世界の主な陶芸



                陶芸 唐三彩(中国)

                陶芸 景徳鎮(中国)

                陶芸 マジョリカ焼(イタリア) 陶器

                陶芸 デルフト焼(オランダ) 陶器

                陶芸 ラスター焼(スペイン) 陶器

                陶芸 マイセン焼(ドイツ) 磁器

                陶芸* セーヴル焼(フランス) 磁器

                陶芸 リモージュ焼(フランス) 磁器







                陶芸関係の公募展



                陶芸 茶の湯の造型展

                陶芸 出石磁器トリエンナーレ

                陶芸 ファエンツア国際陶芸ビエンナーレ

                陶芸 日本陶芸

                陶芸 朝日陶芸

                陶芸 日本伝統工芸展



                (引用 Wikipedia   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B6%E8%8A%B8
                 )

                ご注意 修正や変更を加えている部分があります






                この記事が参考になったら1クリックお願い致します!

                にほんブログ村 美術ブログへ


                陶芸用語辞典 / comments(0) / trackbacks(0)
                鉄釉編---青磁釉 せいじゆう
                0


                  鉄釉には 青磁釉、黄瀬戸釉、天目釉、柿釉(かきゆう)、飴釉(あめゆう)、黒釉(こくゆう)など鉄を含む釉薬(ゆうやく)で、鉄分が多いほど黒色に近い色になります。

                  *青磁釉---透明釉にごく少量の鉄を添加し(1.2パーセント) 還元焼成(RF)します。青磁にもいろいろあって 画像は中国の天竜寺青磁は少し緑っぽく 砧青磁 kinutaは 青みが強いものです。
                  青磁の《青》というとらえかたは、いにしえの中国人はかなり幅があったようで、『青緑』『碧』『翡翠色』『天青』『澱青』『卵青』『瑠璃』『藍』『紫』色なども青の範疇にあったようです。
                  その他の青磁の作品の数々

                  また、韓国でも10世紀ごろより高麗kouraiの時代から青磁が焼かれました。
                  日本では、鍋島nabeshimaで磁器に使われました。
                  18世紀 青磁染付紅葉文皿

                  伝統的な銅青磁釉の調合法 というものがありますので わかるかたは挑戦してみるといいかもしれません。




                  陶芸(とうげい)とは、粘土に造形を凝らしてこれを高温の窯で焼成することにより陶磁器をつくる技術のこと。焼きもの、やきものとも呼ばれる。造形方法には轆轤(ろくろ)の上に置き、手や足で回しながら、両手で皿や壷などの形をつくっていく方法や手びねりという方法、或いは石膏型を用いて土の形を整える方法(鋳込み、手押し)などがある。焼き方には、窯を用いない「野焼き」や、七輪を用いる「七輪陶芸」などという手法もある。一般には陶芸用の窯を用い焼成する。電気窯、ガス窯、灯油窯、登り窯、穴窯などのまき窯などがある。陶芸用粘土の種類やこね方、陶芸釉薬、そして焼く温度など、様々な要素が作品に貢献する。陶芸の技法は、焼き締めと釉薬もの、上絵付けと下絵付け、釉彩、化粧土を使った粉引陶芸等さまざまな種類がある。





                  日本の主な陶芸品の産地



                  陶芸 平清水焼(山形県)

                  陶芸 相馬焼(福島県)

                  陶芸 会津本郷焼(福島県)

                  陶芸 益子焼(栃木県)人間国宝の濱田庄司による民芸運動により有名となった。

                  陶芸 笠間焼(茨城県)

                  陶芸 美濃焼(岐阜県)志野、織部、黄瀬戸、瀬戸黒の4種が代表的である。

                  陶芸 瀬戸焼(愛知県)日本六古窯の一つ。日用の陶器の代名詞である「セトモノ」の語源となった。日本六古窯の一つ。

                  陶芸 常滑焼(愛知県)日本六古窯の一つ。

                  陶芸 萬古焼(三重県)

                  陶芸 伊賀焼(三重県)

                  陶芸 九谷焼(石川県)

                  陶芸 信楽焼(滋賀県)日本六古窯の一つ。

                  陶芸 越前焼(福井県)日本六古窯の一つ。

                  陶芸 出石焼(兵庫県)

                  陶芸 丹波焼(兵庫県)日本六古窯の一つ。

                  陶芸 京焼(京都府)

                  陶芸 楽焼(京都府)

                  陶芸 交趾焼(こうちやき)(京都府)

                  陶芸 赤膚焼(奈良県)

                  陶芸 備前焼(岡山県)日本六古窯の一つ。

                  陶芸 大谷焼(徳島県)

                  陶芸 砥部焼(愛媛県)

                  陶芸 布志名焼、石見焼、温泉津焼、石州亀山焼(島根県)

                  陶芸 萩焼(山口県)

                  山口県内で採れる大道土(だいどうつち)を使用し、比較的低温で焼成される焼き物で、肌色から薄茶色の肌あいに、貫入(かんにゅう)と呼ばれるひび割れが入るのが特徴。使用を重ねると、そのひび割れに茶渋が染込み肌あいが変わり、その変化は「萩の七化け」として茶人などに尊ばれる。

                  陶芸 上野焼(福岡県)

                  陶芸 小鹿田焼(大分県)

                  陶芸 唐津焼(佐賀県)

                  陶芸 有田焼(佐賀県)

                  陶芸 波佐見焼(長崎県)

                  陶芸 三川内焼(長崎県)

                  陶芸 薩摩焼(鹿児島県)

                  陶芸 壺屋焼(沖縄県)

                  陶芸 陶鎌倉焼(神奈川県)





                  世界の主な陶芸



                  陶芸 唐三彩(中国)

                  陶芸 景徳鎮(中国)

                  陶芸 マジョリカ焼(イタリア) 陶器

                  陶芸 デルフト焼(オランダ) 陶器

                  陶芸 ラスター焼(スペイン) 陶器

                  陶芸 マイセン焼(ドイツ) 磁器

                  陶芸* セーヴル焼(フランス) 磁器

                  陶芸 リモージュ焼(フランス) 磁器







                  陶芸関係の公募展



                  陶芸 茶の湯の造型展

                  陶芸 出石磁器トリエンナーレ

                  陶芸 ファエンツア国際陶芸ビエンナーレ

                  陶芸 日本陶芸

                  陶芸 朝日陶芸

                  陶芸 日本伝統工芸展



                  (引用 Wikipedia   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B6%E8%8A%B8
                   )

                  ご注意 修正や変更を加えている部分があります






                  この記事が参考になったら1クリックお願い致します!

                  にほんブログ村 美術ブログへ





                  JUGEMテーマ:アート・デザイン


                  陶芸用語辞典 / comments(0) / trackbacks(0)
                  釉薬とはナニ? 1.5
                  0


                    順番がひっくりかえってしまいましたが、奈良三彩の次は緑釉陶器と言われるものです。
                    表面を覆うガラス質は主に「鉛」。緑色を出す成分は「銅」なのです。鉛を主成分とする釉薬は800℃程度ですむ(低火度釉という)ので、焼き物の技術が未熟な時代のわが国に、まず導入されたのが鉛釉だったというわけです。
                    奈良三彩がそうですね。
                    生産地は、京都近郊、瀬戸周辺、山口県西部の3ケ所に限られ 生産は官僚の手の中にあったようです。山口県西部というのは、具体的には周防suouと言われる地域のようですが 古来からやきもの伝統のないこの地域でなぜこのような緑釉陶器がつくられたか 研究者を大いに悩ませたようです。
                    結局は、この地域が国家プロジェクトとして行われていた《銅銭》の鋳造により 釉薬原料が豊富に産出したからではないかと推測されています。

                    解説はこちら




                    陶芸(とうげい)とは、粘土に造形を凝らしてこれを高温の窯で焼成することにより陶磁器をつくる技術のこと。焼きもの、やきものとも呼ばれる。造形方法には轆轤(ろくろ)の上に置き、手や足で回しながら、両手で皿や壷などの形をつくっていく方法や手びねりという方法、或いは石膏型を用いて土の形を整える方法(鋳込み、手押し)などがある。焼き方には、窯を用いない「野焼き」や、七輪を用いる「七輪陶芸」などという手法もある。一般には陶芸用の窯を用い焼成する。電気窯、ガス窯、灯油窯、登り窯、穴窯などのまき窯などがある。陶芸用粘土の種類やこね方、陶芸釉薬、そして焼く温度など、様々な要素が作品に貢献する。陶芸の技法は、焼き締めと釉薬もの、上絵付けと下絵付け、釉彩、化粧土を使った粉引陶芸等さまざまな種類がある。





                    日本の主な陶芸品の産地



                    陶芸 平清水焼(山形県)

                    陶芸 相馬焼(福島県)

                    陶芸 会津本郷焼(福島県)

                    陶芸 益子焼(栃木県)人間国宝の濱田庄司による民芸運動により有名となった。

                    陶芸 笠間焼(茨城県)

                    陶芸 美濃焼(岐阜県)志野、織部、黄瀬戸、瀬戸黒の4種が代表的である。

                    陶芸 瀬戸焼(愛知県)日本六古窯の一つ。日用の陶器の代名詞である「セトモノ」の語源となった。日本六古窯の一つ。

                    陶芸 常滑焼(愛知県)日本六古窯の一つ。

                    陶芸 萬古焼(三重県)

                    陶芸 伊賀焼(三重県)

                    陶芸 九谷焼(石川県)

                    陶芸 信楽焼(滋賀県)日本六古窯の一つ。

                    陶芸 越前焼(福井県)日本六古窯の一つ。

                    陶芸 出石焼(兵庫県)

                    陶芸 丹波焼(兵庫県)日本六古窯の一つ。

                    陶芸 京焼(京都府)

                    陶芸 楽焼(京都府)

                    陶芸 交趾焼(こうちやき)(京都府)

                    陶芸 赤膚焼(奈良県)

                    陶芸 備前焼(岡山県)日本六古窯の一つ。

                    陶芸 大谷焼(徳島県)

                    陶芸 砥部焼(愛媛県)

                    陶芸 布志名焼、石見焼、温泉津焼、石州亀山焼(島根県)

                    陶芸 萩焼(山口県)

                    山口県内で採れる大道土(だいどうつち)を使用し、比較的低温で焼成される焼き物で、肌色から薄茶色の肌あいに、貫入(かんにゅう)と呼ばれるひび割れが入るのが特徴。使用を重ねると、そのひび割れに茶渋が染込み肌あいが変わり、その変化は「萩の七化け」として茶人などに尊ばれる。

                    陶芸 上野焼(福岡県)

                    陶芸 小鹿田焼(大分県)

                    陶芸 唐津焼(佐賀県)

                    陶芸 有田焼(佐賀県)

                    陶芸 波佐見焼(長崎県)

                    陶芸 三川内焼(長崎県)

                    陶芸 薩摩焼(鹿児島県)

                    陶芸 壺屋焼(沖縄県)

                    陶芸 陶鎌倉焼(神奈川県)





                    世界の主な陶芸



                    陶芸 唐三彩(中国)

                    陶芸 景徳鎮(中国)

                    陶芸 マジョリカ焼(イタリア) 陶器

                    陶芸 デルフト焼(オランダ) 陶器

                    陶芸 ラスター焼(スペイン) 陶器

                    陶芸 マイセン焼(ドイツ) 磁器

                    陶芸* セーヴル焼(フランス) 磁器

                    陶芸 リモージュ焼(フランス) 磁器







                    陶芸関係の公募展



                    陶芸 茶の湯の造型展

                    陶芸 出石磁器トリエンナーレ

                    陶芸 ファエンツア国際陶芸ビエンナーレ

                    陶芸 日本陶芸

                    陶芸 朝日陶芸

                    陶芸 日本伝統工芸展



                    (引用 Wikipedia   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B6%E8%8A%B8
                     )

                    ご注意 修正や変更を加えている部分があります







                    この記事が参考になったら1クリックお願い致します!

                    にほんブログ村 美術ブログへ

                    陶芸用語辞典 / comments(0) / trackbacks(0)
                    釉薬とはナニ? 2
                    0


                      日本では、土器が生まれて以降 釉薬が使われるようになると木灰釉が長期間日本を代表する釉薬になりました。平安時代です。
                      木灰釉は、釉の中でももっとも基本的なもので 木の灰に
                      石灰石、長石、珪石keisekiなどを加えてつくるのですが、そうして焼かれた
                      陶器は 灰釉陶器かいゆうとうき と、呼ばれています。
                      愛知県瀬戸市に代表的なものがあります。
                      遺跡群
                      参考画像



                      陶芸(とうげい)とは、粘土に造形を凝らしてこれを高温の窯で焼成することにより陶磁器をつくる技術のこと。焼きもの、やきものとも呼ばれる。造形方法には轆轤(ろくろ)の上に置き、手や足で回しながら、両手で皿や壷などの形をつくっていく方法や手びねりという方法、或いは石膏型を用いて土の形を整える方法(鋳込み、手押し)などがある。焼き方には、窯を用いない「野焼き」や、七輪を用いる「七輪陶芸」などという手法もある。一般には陶芸用の窯を用い焼成する。電気窯、ガス窯、灯油窯、登り窯、穴窯などのまき窯などがある。陶芸用粘土の種類やこね方、陶芸釉薬、そして焼く温度など、様々な要素が作品に貢献する。陶芸の技法は、焼き締めと釉薬もの、上絵付けと下絵付け、釉彩、化粧土を使った粉引陶芸等さまざまな種類がある。





                      日本の主な陶芸品の産地



                      陶芸 平清水焼(山形県)

                      陶芸 相馬焼(福島県)

                      陶芸 会津本郷焼(福島県)

                      陶芸 益子焼(栃木県)人間国宝の濱田庄司による民芸運動により有名となった。

                      陶芸 笠間焼(茨城県)

                      陶芸 美濃焼(岐阜県)志野、織部、黄瀬戸、瀬戸黒の4種が代表的である。

                      陶芸 瀬戸焼(愛知県)日本六古窯の一つ。日用の陶器の代名詞である「セトモノ」の語源となった。日本六古窯の一つ。

                      陶芸 常滑焼(愛知県)日本六古窯の一つ。

                      陶芸 萬古焼(三重県)

                      陶芸 伊賀焼(三重県)

                      陶芸 九谷焼(石川県)

                      陶芸 信楽焼(滋賀県)日本六古窯の一つ。

                      陶芸 越前焼(福井県)日本六古窯の一つ。

                      陶芸 出石焼(兵庫県)

                      陶芸 丹波焼(兵庫県)日本六古窯の一つ。

                      陶芸 京焼(京都府)

                      陶芸 楽焼(京都府)

                      陶芸 交趾焼(こうちやき)(京都府)

                      陶芸 赤膚焼(奈良県)

                      陶芸 備前焼(岡山県)日本六古窯の一つ。

                      陶芸 大谷焼(徳島県)

                      陶芸 砥部焼(愛媛県)

                      陶芸 布志名焼、石見焼、温泉津焼、石州亀山焼(島根県)

                      陶芸 萩焼(山口県)

                      山口県内で採れる大道土(だいどうつち)を使用し、比較的低温で焼成される焼き物で、肌色から薄茶色の肌あいに、貫入(かんにゅう)と呼ばれるひび割れが入るのが特徴。使用を重ねると、そのひび割れに茶渋が染込み肌あいが変わり、その変化は「萩の七化け」として茶人などに尊ばれる。

                      陶芸 上野焼(福岡県)

                      陶芸 小鹿田焼(大分県)

                      陶芸 唐津焼(佐賀県)

                      陶芸 有田焼(佐賀県)

                      陶芸 波佐見焼(長崎県)

                      陶芸 三川内焼(長崎県)

                      陶芸 薩摩焼(鹿児島県)

                      陶芸 壺屋焼(沖縄県)

                      陶芸 陶鎌倉焼(神奈川県)





                      世界の主な陶芸



                      陶芸 唐三彩(中国)

                      陶芸 景徳鎮(中国)

                      陶芸 マジョリカ焼(イタリア) 陶器

                      陶芸 デルフト焼(オランダ) 陶器

                      陶芸 ラスター焼(スペイン) 陶器

                      陶芸 マイセン焼(ドイツ) 磁器

                      陶芸* セーヴル焼(フランス) 磁器

                      陶芸 リモージュ焼(フランス) 磁器







                      陶芸関係の公募展



                      陶芸 茶の湯の造型展

                      陶芸 出石磁器トリエンナーレ

                      陶芸 ファエンツア国際陶芸ビエンナーレ

                      陶芸 日本陶芸

                      陶芸 朝日陶芸

                      陶芸 日本伝統工芸展



                      (引用 Wikipedia   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B6%E8%8A%B8
                       )

                      ご注意 修正や変更を加えている部分があります







                      この記事が参考になったら1クリックお願い致します!

                      にほんブログ村 美術ブログへ


                      陶芸用語辞典 / comments(0) / trackbacks(0)