粉引花絵カップ藤
島根県浜田市の石州亀山焼の陶芸作品の紹介と日常についてのブログ。
非常事態宣言
0


    10キロ圏内、殺処分=20キロ以内は早期出荷促す―政府、口蹄疫対策本部で決定へ
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100519-00000056-jij-pol


    5月19日11時8分配信 時事通信  宮崎県で口蹄(こうてい)疫の被害が拡大している問題で、政府は19日、発生地から半径10キロ圏内の家畜にワクチンを投与した上で殺処分する方針を固めた。10〜20キロ圏内の家畜については早期出荷を促す。消毒などによる現行の対策では感染拡大を防ぐのが難しいと判断した。鳩山由紀夫首相を本部長とする「口蹄疫対策本部」を同日午後、官邸で開き、正式決定する見通し。 農林水産省は19日午前、省内の対策本部を開催した。赤松広隆農水相は席上、「首相主導の下、総合的な、大胆に踏み込んだ対策を出したい」と述べた。 殺処分の対象となるのは、同県で感染が拡大し続けている川南町を中心としたエリアになる見込み。関係者によると、この地域には牛が約5万頭、豚が約15万頭いる。10〜20キロの家畜については買い上げが検討されたが、費用面から慎重論が出たもよう。早期出荷を促すこととなった。 ワクチンの使用は口蹄疫の防疫指針で認められているが、これまで国内で使われた例はない。感染そのものを完全に防ぐことはできないものの、ウイルスの拡散を抑えられる効果がある。ワクチンを投与された家畜は順次殺処分される。





    今朝ニュースで東国原知事の記者会見の模様や宮崎県の口蹄(こうてい)疫への対応、
    またかつてイギリスで羊に蔓延した口蹄(こうてい)疫で700万頭が殺処分され
    1兆うん千億円ものお金がかかったと報道していた。
    ネットではマスコミや政府の対応の遅れを指摘している。
    取材制限されているにも関わらず強行に取材しようとしたフジテレビ。
    外部の人間が宮崎以外へ口蹄(こうてい)疫を広めてしまったらこれから先
    どうなっていくのか?
    安易な行動は慎むべきでしょう。



    そのまんま日記
    http://ameblo.jp/higashi-blog/


    殺処分対象は114,177頭とのこと

    畜産農家の方々の苦労や心痛を思うとあんたんたる気持ちになります。



    JUGEMテーマ:ニュース





    評価:
    志方 俊之
    海竜社
    ---
    (2006-06)

    評価:
    遠藤 秀紀
    東京大学出版会
    ¥ 3,360
    (2001-07)

    陶芸家日記 / comments(0) / trackbacks(0)
    スポンサーサイト
    0


      - / - / -
      Comment
      *友好的なコメントは大歓迎です。 
      *投稿されたコメントは、管理人が確認後表示されます。
      *email.URL欄は省略していただいて結構です。emailに返信ご希望の方のみemailアドレスをお書きください。
      *コメント投稿中消失することがあります。長いコメントはテキストエディタに書いたものをコピー して貼り付けて投稿してください。








      Trackback
      *記事中に言及リンクまたは紹介リンクのないトラックバックは迷惑トラックバックとして除外されます。
      この記事のトラックバックURL: http://katouen.jugem.jp/trackback/6414