粉引花絵カップ藤
島根県浜田市の石州亀山焼の陶芸作品の紹介と日常についてのブログ。
抹茶茶碗について
0


    『1井戸2楽3唐津』または『1萩2楽3唐津』など茶碗の好みの順番をいったものですが、これは諸説あり『1楽2萩3唐津』というのもあるようです。

    <名前の付け方>

    1対馬の井戸家にあった茶碗だから 「井戸」
    2堺の魚商が所持していたので 「ととや(魚屋)」
    3草木の染付(そめつけ)は 「雲草」(うんそう)
    4手ざわりがイライラしているから 「いらぼ」
    など 所有者の家柄や固有名詞を付けたり、入手経緯によったり、茶碗の景色によって名前を付けたりわかってしまえば結構単純なものです。
    国宝級の茶碗などは、さすがに景色のよいものや 歴史上有名な人物のもとを渡り歩いてきた経緯がはっきりしているものは 珍重されています。

    ただ、現代につくられた茶碗がだめなのかというとそういうものではないと思います。現在非常に有名で高価な茶碗でも、むかしは朝鮮の農家の人が使っていた飯茶碗だったという話もあるくらいです。

    抹茶茶碗各部の説明
         
    上から、『口造り』くちづくり、『口辺下』くちべりした 『茶巾摺れ』ちゃきんずれ 『胴』どう 『茶筅摺れ』ちゃせんずれ  『腰』こし  『見込』みこみ  『高台脇』こうだいわき  
    『茶溜り』ちゃだまり 『兜巾』ときん 『高台内』こうだいうち   『高台』こうだい


    『天目茶碗について』
    由来---昔日本の僧が中国の天目山(てんもくざん)にある径山寺(きんざんじ)などで修行し帰国の折に茶碗を持ち帰り、茶事が行われるようになりました。地名から天目茶碗と呼ばれますが、窯は福建省の建安にあり多く焼かれていたので『建盞』(けんさん)とも呼ばれていました。

    『曜変天目』は、『耀変』『窯変』『旺変』とも書き、その希少性ゆえ非常に珍重され茶碗のなかでは最高位になります。(現在では、この耀変天目茶碗もほぼ再現できますが 数百年も昔にこの天目茶碗が焼きだされるのは 現在100億円の宝くじが当たるくらいの難しい確率ではなかったかと推察されます。)

    『油滴天目』(ゆてき)、『禾天目』(のぎ)、『灰被天目』(はいかつぎ)、『只天目』(ただ)』、『蓼冷汁天目』(たでひやじる)、『柿天目』(かき)、『烏盞天目』(うさん)
    『黄天目』(き)、
    『玳玻盞』(たいひさん)---別名『吉安天目』(きちあん)、『吉州天目』(きっしゅう)、『鼈甲天目』(べっこう)などとも呼ばれました。





    陶芸(とうげい)とは、粘土に造形を凝らしてこれを高温の窯で焼成することにより陶磁器をつくる技術のこと。焼きもの、やきものとも呼ばれる。造形方法には轆轤(ろくろ)の上に置き、手や足で回しながら、両手で皿や壷などの形をつくっていく方法や手びねりという方法、或いは石膏型を用いて土の形を整える方法(鋳込み、手押し)などがある。焼き方には、窯を用いない「野焼き」や、七輪を用いる「七輪陶芸」などという手法もある。一般には陶芸用の窯を用い焼成する。電気窯、ガス窯、灯油窯、登り窯、穴窯などのまき窯などがある。陶芸用粘土の種類やこね方、陶芸釉薬、そして焼く温度など、様々な要素が作品に貢献する。陶芸の技法は、焼き締めと釉薬もの、上絵付けと下絵付け、釉彩、化粧土を使った粉引陶芸等さまざまな種類がある。





    日本の主な陶芸品の産地



    陶芸 平清水焼(山形県)

    陶芸 相馬焼(福島県)

    陶芸 会津本郷焼(福島県)

    陶芸 益子焼(栃木県)人間国宝の濱田庄司による民芸運動により有名となった。

    陶芸 笠間焼(茨城県)

    陶芸 美濃焼(岐阜県)志野、織部、黄瀬戸、瀬戸黒の4種が代表的である。

    陶芸 瀬戸焼(愛知県)日本六古窯の一つ。日用の陶器の代名詞である「セトモノ」の語源となった。日本六古窯の一つ。

    陶芸 常滑焼(愛知県)日本六古窯の一つ。

    陶芸 萬古焼(三重県)

    陶芸 伊賀焼(三重県)

    陶芸 九谷焼(石川県)

    陶芸 信楽焼(滋賀県)日本六古窯の一つ。

    陶芸 越前焼(福井県)日本六古窯の一つ。

    陶芸 出石焼(兵庫県)

    陶芸 丹波焼(兵庫県)日本六古窯の一つ。

    陶芸 京焼(京都府)

    陶芸 楽焼(京都府)

    陶芸 交趾焼(こうちやき)(京都府)

    陶芸 赤膚焼(奈良県)

    陶芸 備前焼(岡山県)日本六古窯の一つ。

    陶芸 大谷焼(徳島県)

    陶芸 砥部焼(愛媛県)

    陶芸 布志名焼、石見焼、温泉津焼、石州亀山焼(島根県)

    陶芸 萩焼(山口県)

    山口県内で採れる大道土(だいどうつち)を使用し、比較的低温で焼成される焼き物で、肌色から薄茶色の肌あいに、貫入(かんにゅう)と呼ばれるひび割れが入るのが特徴。使用を重ねると、そのひび割れに茶渋が染込み肌あいが変わり、その変化は「萩の七化け」として茶人などに尊ばれる。

    陶芸 上野焼(福岡県)

    陶芸 小鹿田焼(大分県)

    陶芸 唐津焼(佐賀県)

    陶芸 有田焼(佐賀県)

    陶芸 波佐見焼(長崎県)

    陶芸 三川内焼(長崎県)

    陶芸 薩摩焼(鹿児島県)

    陶芸 壺屋焼(沖縄県)

    陶芸 陶鎌倉焼(神奈川県)





    世界の主な陶芸



    陶芸 唐三彩(中国)

    陶芸 景徳鎮(中国)

    陶芸 マジョリカ焼(イタリア) 陶器

    陶芸 デルフト焼(オランダ) 陶器

    陶芸 ラスター焼(スペイン) 陶器

    陶芸 マイセン焼(ドイツ) 磁器

    陶芸* セーヴル焼(フランス) 磁器

    陶芸 リモージュ焼(フランス) 磁器







    陶芸関係の公募展



    陶芸 茶の湯の造型展

    陶芸 出石磁器トリエンナーレ

    陶芸 ファエンツア国際陶芸ビエンナーレ

    陶芸 日本陶芸

    陶芸 朝日陶芸

    陶芸 日本伝統工芸展



    (引用 Wikipedia   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B6%E8%8A%B8
     )

    ご注意 修正や変更を加えている部分があります







    この記事が参考になったら1クリックお願い致します!

    にほんブログ村 美術ブログへ




    暮らしの器をつくる
    暮らしの器をつくる
    佐藤 和彦


    趣向の陶磁器 その技法
    趣向の陶磁器 その技法
    高嶋 広夫


    器―魯山人おじさんに学んだこと
    器―魯山人おじさんに学んだこと
    黒田 草臣

    関連記事


    絵画展/お煎茶の先生御用達 長岡「長錦」さん/ふらり週末伊豆の旅〜修善寺温泉〜/カジュアルな抹茶茶碗/13位_/器が好きです/多治見(4)/茶陶作家ではないのですが・・・。/それ魅力/[ばあちゃん]黒いお茶碗/豪華だなぁ/雪だるま味の抹茶/モダニスト尾形乾山/昨日(12月取材してきました/[外出]笠間工芸の丘へ/奥高麗にステーキ丼/★クリスマス限定★宇治抹茶ティラミス/♪ 香木店と高島屋チャリティー展 ♪/滋賀県における美術館・博物館と学校、NPOの連携(寄稿)/series06 自作の「器」で食卓をコーディネートするという贅 .../せいこの自信作/残暑お見舞い・・・/[東雅夫]『文豪怪談傑作選 吉屋信子集 生霊』吉屋信子/東雅 .../今日はお散歩/小福のいとこ紹介/豚肉とおもちのみぞれ煮/「二人で一人」ハンディキャップも二人で乗り越えるご夫婦/今日はのんびり/道具と素材/和楽の結び/月日荘 (つきひそう)/男たちの大和 尾道の戦艦大和ロケセットに7日間で16309人が来艦/ドラマ・優しい時間・第11話(最終回)
    陶芸用語辞典 / comments(4) / trackbacks(0)
    スポンサーサイト
    0


      - / - / -
      Comment
      *友好的なコメントは大歓迎です。 
      *投稿されたコメントは、管理人が確認後表示されます。
      *email.URL欄は省略していただいて結構です。emailに返信ご希望の方のみemailアドレスをお書きください。
      *コメント投稿中消失することがあります。長いコメントはテキストエディタに書いたものをコピー して貼り付けて投稿してください。








      1楽2萩3唐津・・・と、私は師匠(表千家)に習ったような気がします。
      (いや、1萩だったかな・・・)
      私は黒楽が好きなので、私の好きな順番に変えてしまったかもしれません(笑)

      茶碗の各部の名称、勉強になりました。
      from. mayu_sorahata / 2005/10/20 7:47 PM
      mayu_sorahata様
      これは順番さまざまです。
      どこの産地の方もやはり自分のところを1番に言いたいものですからね!

      茶碗の画像ですが、ずいぶんまえに描いたものなんです。
      なかなかペンツールがうまく使えなかった記憶があります。
      このエントリに追加しようと思っているんですが、もう少し考えてからにしたいと思います。
      from. 管理人 / 2005/10/20 8:21 PM
      私は、1井戸2萩3唐津と聞いていました。
      その後、井戸茶碗が入らなくなって、1楽2萩3唐津になったと聞いています。
      井戸の名は、朝鮮半島で作られていたものを井戸茶碗と言っていたことに由来するとも聞きました。
      対馬の井戸家は関係ないと思います。
      from. kuwa_maimai / 2009/05/25 11:55 AM
      kuwa_maimai様コメント誠にありがとうございます。地域などによって諸説入り乱れている感じで勉強になります。
      from. 佐々木 / 2009/05/27 12:22 PM
      Trackback
      *記事中に言及リンクまたは紹介リンクのないトラックバックは迷惑トラックバックとして除外されます。
      この記事のトラックバックURL: http://katouen.jugem.jp/trackback/4308