粉引花絵カップ藤
島根県浜田市の石州亀山焼の陶芸作品の紹介と日常についてのブログ。
『民芸運動』-用の美について
0


    日本の『民芸運動』について、柳 宗悦(やなぎむねよし〉、浜田 庄司(はまだしょうじ)、河井 寛次郎(かわいかんじろう)の3人は有名なのでご存知の方もおおいだろう。すでに3人とも故人であり直接話をうかがうことができないのは残念ですが、河井 寛次郎については 島根県の出身とあってかなり親しみが沸きます。
    ---------------------------------------------------
    河井 寛次郎(かわいかんじろう)1890.8.24〜1966.11.18
    陶芸家。島根県安来の生まれ。山陰の豊かな自然と文化の中で少年期をおくった。東京高等工業学校(現・東工大)で窯業科学を学び、1914(大正3)年卒。京都市立陶磁器試験場の技手となる。同試験場に2年後に入所した浜田庄司とともに釉薬の研究を重ね、作陶の技術的支柱とした。その後京都五条坂に「鐘渓窯」を構えて独立。1921年の作陶展で天才陶芸家と称された。しかし1924年に英国から帰国した浜田庄司を介してはじまった、柳宗悦との交流により雑器の美に目覚める。翌年柳、浜田とともに「民芸(民衆的工芸) 」の語を創案し、作風も技巧性を払拭した素朴で親しみのある「用の美」へと展開した。1937(昭和12)年パリ万博でグランプリを受賞。1957年ミラノトリエンナーレ展でグランプリを受賞。作風はさらに器の形にこだわらない、自己の創意の赴くままの境地へと進んだ。「化粧陶器」「いのちの窓」の著書がある。「鐘渓窯」は現在河井寛次郎記念館となっている。
    ---------------------------------------------------
    用の美』とは?
    うつわを使ううえで、過度な装飾を排除した究極の美しさ

    ということか?

    見解は人それぞれいろいろあるでしょうが、自分的にはこれで言いえているのではと考えます。つまり使い勝手を悪くするような飾りは、不要なのです。
    言われてみれば、当然のことではありますが 当時やきものの世界はどうだったのでしょうか?全然知らないので推測ですが、器体を作る技術絵付けの技術焼成の技術窯を作る技術などがそれぞれ高い水準にあり 特に器に施す装飾が華美になる傾向があった。それを是正するための運動ではなかったのか?と考えています。
    毎日使う湯飲みや飯茶碗に龍や鳳凰が細かに描かれていたり、立体的に彫りこまれていたりしては なんだか庶民は使いづらいですよね。
    それがいくら安くても、、。
    金銀で描きこまれた美しい絵というのもあります。

    普段使うのにそういう過度に装飾されたうつわで食事をすると、ちょっと落ち着かない ただそれぞれの用途に応じたうつわの機能的な形や絵柄というものがあるはずですね。



    この記事が参考になったら1クリックお願い致します!

    にほんブログ村 美術ブログへ

    陶芸用語辞典 / comments(0) / trackbacks(0)
    スポンサーサイト
    0


      - / - / -
      Comment
      *友好的なコメントは大歓迎です。 
      *投稿されたコメントは、管理人が確認後表示されます。
      *email.URL欄は省略していただいて結構です。emailに返信ご希望の方のみemailアドレスをお書きください。
      *コメント投稿中消失することがあります。長いコメントはテキストエディタに書いたものをコピー して貼り付けて投稿してください。








      Trackback
      *記事中に言及リンクまたは紹介リンクのないトラックバックは迷惑トラックバックとして除外されます。
      この記事のトラックバックURL: http://katouen.jugem.jp/trackback/3922