粉引花絵カップ藤
島根県浜田市の石州亀山焼の陶芸作品の紹介と日常についてのブログ。
原土をほったほった、、、、
0


    原土ほり

    なんだかよくわからない写真ですが、山の斜面の原土(げんど)を掘っているところです。ツルハシを突き立ててみました。
    レキや木の根がいっぱい混じっていてとても そのままでは使い物にはなりませんので、いったんほりあげて乾燥させてから つちで砕き、水に溶かしてアミ(トオシ)を通します。この時点で、ごみの除去されたきれいで粒子のそろった泥水になっています。このような泥水を大量に作って、時間をかけてゆっくり沈殿させて うわ水をすくいとります。これを繰り返すことにより、沈殿している泥水の濃度が濃くなりますね。
    マヨネーズ状になれば、鉢に盛り上げて自然乾燥させます。

    この時点でやっと、 原土から粘土というものになります。

    これが当窯の基本的な粘土の作り方です。粘土になるまでが長いんです。




    この記事が参考になったら1クリックお願い致します!

    にほんブログ村 美術ブログへ



    陶芸用語辞典 / comments(0) / trackbacks(0)
    スポンサーサイト
    0


      - / - / -
      Comment
      *友好的なコメントは大歓迎です。 
      *投稿されたコメントは、管理人が確認後表示されます。
      *email.URL欄は省略していただいて結構です。emailに返信ご希望の方のみemailアドレスをお書きください。
      *コメント投稿中消失することがあります。長いコメントはテキストエディタに書いたものをコピー して貼り付けて投稿してください。








      Trackback
      *記事中に言及リンクまたは紹介リンクのないトラックバックは迷惑トラックバックとして除外されます。
      この記事のトラックバックURL: http://katouen.jugem.jp/trackback/3895